高級品市場 超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ 正規逆輸入品 ホワイト グレー 対策 卓上 スチーム 970円 コンパクト 乾燥 アロマ モノトーン2 小型 加湿機

超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 加湿機 卓上 小型 コンパクト アロマ 乾燥 対策 スチーム モノトーン2,970円

高級品市場 超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 対策 卓上 スチーム 970円 コンパクト 乾燥 アロマ モノトーン2 小型 加湿機 式,mottole,超音波式加湿器,モノトーン2,970円,大容量,/barry818506.html,コンパクト,グレー,対策,加湿機,加湿器,送料無料,家電 , 冷暖房器具、空調家電 , 加湿器,スチーム,ホワイト,m-therapy.jp,卓上,超音波,2079円,乾燥,MTL-H002,アロマ,小型,オフ 2079円 超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 加湿機 卓上 小型 コンパクト アロマ 乾燥 対策 スチーム モノトーン2,970円 家電 冷暖房器具、空調家電 加湿器 高級品市場 超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 対策 卓上 スチーム 970円 コンパクト 乾燥 アロマ モノトーン2 小型 加湿機 式,mottole,超音波式加湿器,モノトーン2,970円,大容量,/barry818506.html,コンパクト,グレー,対策,加湿機,加湿器,送料無料,家電 , 冷暖房器具、空調家電 , 加湿器,スチーム,ホワイト,m-therapy.jp,卓上,超音波,2079円,乾燥,MTL-H002,アロマ,小型,オフ 2079円 超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 加湿機 卓上 小型 コンパクト アロマ 乾燥 対策 スチーム モノトーン2,970円 家電 冷暖房器具、空調家電 加湿器

2079円

超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 加湿機 卓上 小型 コンパクト アロマ 乾燥 対策 スチーム モノトーン2,970円

商品説明

お部屋の中の乾燥を防ぐだけじゃない。ミネラルで潤いをプラスし、より快適な空間へ。 どこでも使ってほしいから、デスクにも、リビングにも「ちょうどいい」にこだわると こんなカタチになりました。


カラー:オフホワイト(※ややグレーがかったオフホワイトになります)、グレー、プレーン

セット内容:本体(アロマトレー、アロマパッド、ミネラルカートリッジ付)、説明書(保証書付)

素材:本体:ABS・PP、タンク:ABS、アロマトレー:PP

サイズ / 重量(約):135×135×280(mm)/720g

電源:AC100V 50/60Hz

電源コード(約):1.5m

消費電力(約):弱:10W、中:14W、強:18W

加湿能力(約):弱:40-50ml/h、中:90-110ml/h、強:180-200ml/h(±20%)

タンク容量(約):1.8L

推奨面積(約):木造和室3畳、プレハブ洋室6畳

連続使用可能時間(約):40時間(弱)〜9時間(強)

1時間当たりの電気代(約):強時0.49円 ※1時間あたりの目安(新電力料金目安単価)

アロマについて:アロマオイル、アロマウォーター共に使用可能です。



















商品説明

お部屋の中の乾燥を防ぐだけじゃない。ミネラルで潤いをプラスし、より快適な空間へ。 どこでも使ってほしいから、デスクにも、リビングにも「ちょうどいい」にこだわると こんなカタチになりました。


カラー:オフホワイト(※ややグレーがかったオフホワイトになります)、グレー、プレーン

セット内容:本体(アロマトレー、アロマパッド、ミネラルカートリッジ付)、説明書(保証書付)

素材:本体:ABS・PP、タンク:ABS、アロマトレー:PP

サイズ / 重量(約):135×135×280(mm)/720g

電源:AC100V 50/60Hz

電源コード(約):1.5m

消費電力(約):弱:10W、中:14W、強:18W

加湿能力(約):弱:40-50ml/h、中:90-110ml/h、強:180-200ml/h(±20%)

タンク容量(約):1.8L

推奨面積(約):木造和室3畳、プレハブ洋室6畳

連続使用可能時間(約):40時間(弱)〜9時間(強)

1時間当たりの電気代(約):強時0.49円 ※1時間あたりの目安(新電力料金目安単価)

アロマについて:アロマオイル、アロマウォーター共に使用可能です。

超音波式加湿器 MTL-H002 送料無料 mottole 超音波 式 加湿器 大容量 オフ ホワイト グレー 加湿機 卓上 小型 コンパクト アロマ 乾燥 対策 スチーム モノトーン2,970円

分かりやすく蒸気が見えるし、デザインもシンプルで良いです。 大きさ(水タンクの量)もちょうどいいです。 ただ数日使用してちょっと不満に思った事もいくつか。 弱運転しか使ってなくとも、夜見てみると周りが結構濡れますね… そして使用時にタンクから下の受け皿に一定量の水が移動する構造が、 実際使用した時に少し不便です。全体的に水がこぼれやすい構造ですね。 毎日使い始めと水追加時には周りを拭いてます。 お安いですし、加湿器としては全体的に良い商品だとは思います。 そして思わぬ部分で、使用時に水音?が結構あるんですが それが自分には凄く心地良くてそこが一番気に入りました。 室内でリラックスしてる時に聴く外の雨音はなんか好き、みたいな感じなのですが 凄く癒されます。 音は全然しないと他の方のレビューにはあるので、製品の個体差…?
初日は蒸気出ないなぁ、と思っていたけど、2日目からはしっかりと出るようになりました。 水を入れるところが1か所しかなく、満水位の位置もわからない。今どのくらい水が入ってるのかも、分かりづらい。 ですが、ちょっとグレーがかったオフホワイトの色はとてもおしゃれで、インテリアとしても馴染みます。加えてアロマウォーターを使える(界面活性剤入りのアロマウォーターのことまで書いてある)ものだったので、大変気に入ってます。
到着してすぐやってみたら簡単な作りで助かります! 汚れも目立ちにくそうで冬場の必須ですねー!
水を毎日交換したかったので、ちょうど良いサイズでした。 「強」にすると一晩でちょうど無くなります。 商品の説明文に、水の補充の仕方が書かれていなかったので、届くまで不安でした。想像通り、タンクをひっくり返して補充するタイプでした。 色はオフホワイトと言うより、ライトグレーといった感じなので、最初、グレーを頼んでしまった??と焦りました^^; シンプルなデザインでとても気に入っています♪

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

ネイチャーニュース

4224
3693
5581
3961
4349
4583
More

鳥と生きもの

2830
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマ...
3565
4283
9445
5381
More

お花や植物

3700
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもある...
3828
5954
3050
5509
More

トレッキング・アクティビティ

615
3151
4274
4737
4812
5622
More

NZアウトドアブランド&ギア

4899
ニュージーランドで有名なアウトドア・ブランドやアウトドア・ショップと言ったら、以前にも紹介した『カトマンドゥ Kathmandu』や 『マックパック Macpac』などが真っ先に挙がるだろう。事実、これらのお店は最大都市オークランドの目抜き...
9516
「ハワイ州が環境に有害な日焼け止めの販売を禁止する法律を発表」―― そんなニュースが驚きをもって世界中に報じられたのは、2018年の中ごろだった。ハワイ州は海水浴客の使う日焼け止めクリームが世界的に有名なサンゴ礁を破壊しているとの調査結果を...
7854
マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
4365
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
4120
ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
ニット 編地切り替えサークルニットプルオーバー1,399円
615
これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
3700
ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
2830
大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
2615
12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
3151
ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
3828
4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
4861
NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
4274
トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
4224
NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
4737
「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

植物を見ていて、常々面白いなぁと思うことがある。それは、彼ら植物たちが発達させた、タネの拡散方法だ。 「置かれた場所で咲きなさい」とは誰の言葉だったか。植物は動けない代わりに、それぞれの環境に合わせて、子孫を残すために独自のタネの拡散方法を...
先日、読者の方からこんな質問をいただいた。 「北島の牧草地帯や町の公園などで、ひときわ鮮やかな若草色の葉を持つ木がありました。ガイドさんに名前を聞いたんですが忘れてしまって・・これ、なんて名前の木かご存知ですか?」(トップの写真の木) ニュ...
ワイヘキ島とランギトト島の間に、忘れられたようにぽっかりと浮かぶ小さな島、モツイヘ島 Motuihe Island。 ここはもともとあった牧草地に植林をして、森を取り戻そうとしている自然保護区の島だ。今現在(2016年)もボランティアの手に...
ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
これまで数々の滝を訪ねて歩いた僕は、いよいよオークランド地域から抜け出してファンガレイにも足を伸ばすことになった。 今回行ってみたのは、ファンガレイの街から車で約40分、ダートの道の先にある隠れた名所「ピロア大滝」。 滝行の写真も撮れたので...
「2050年までにニュージーランドの外来哺乳類をゼロにします。」 首都ウェリントンで、当時の首相ジョン・キーがそんな発表をしたのは2016年7月のことだった。ニュージーランド独自の生き物たちを守るために、問題となっている外来の哺乳類、たとえ...
「羊の国」、というイメージのあるニュージーランド。 一時期よりも数が減ったと言えど、NZの人口500万人弱に対して、羊の数はいまなお2500万頭以上。21世紀に入ってもなお、人口よりも羊が多いお国柄だ。 では、こんなことを考えたことはないだ...
Return Top